ふくたろの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 美保基地航空祭2017その二

<<   作成日時 : 2017/06/02 07:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先日行ってまいりました、美保基地の航空祭の画像です。
まずは、今年3月に配備されたばかりのC−2輸送機から、実物を見ますとやはり大きいですね
C-1と比べますと、かなり大型の輸送機です。
画像

 こちらは、C−2の貨物室の中ですね、中もかなり広い、戦車とか入りそう
画像

 垂直尾翼に描かれている飛行隊のエンブレムのマーキングです。
403飛行隊のエンブレムは地元鳥取県の神話にちなんで「因幡の白兎」をモチーフにしていますので、
大国主命と白兎が描かれています。

画像

 その横には、C−1輸送機も並べて展示がしてありましたよ
画像

 そして、こちらの画像ですが、例年行われてる展示なんですが、陸自の第一空挺団によるパラシュート降下
の模様です、今年は21名の隊員さんが降下されました。 いつもは10名程度なので今年は倍の人数
画像

これは、ちょっと(かなり)ずれた画像になっていますが、福岡の築城基地から飛来したF−2戦闘機です。
アフターバーナー全開の機動飛行はとても迫力がありましたよ。
 ただ、残念なことにF−15の飛行隊である、第304飛行隊が昨年沖縄の那覇基地へ移動し、入れ替わりに
青森の三沢基地からF−2の飛行隊である第8飛行隊が移動してきたため、築城基地はF−2のみ運用する
基地になってしまったため、今年からF−15の展示飛行が行われなくなりました。
 石川の小松基地か宮崎の新田原基地あたりから飛んできてくれると良いのですが、
美保基地さま、来年度以降よろしくお願いします、戦闘機が一機だけなのはさすがにさみしいです。
画像

 こちらは、駐機場に整列した7機(予備1機)のT−4ブルーインパルスです。
ずらりとならぶ様はとてもかっこいいですね。
 展示飛行の画像があると良いのですが、動画ばかり撮っていたので撮影しておりません
画像

 今回の航空祭では同基地所属のYS−11 152号機が退役を迎えるため最後にラストフライトが行われました。これはラストフライトを終え、退役式の会場にタキシングしてきたYS−11に消防車から放水がされている
模様をとらえた画像です。 この様に退役を迎える航空機は式典で放水を受けるのがならわしとなっています。
ちなみにパイロットが他所の部隊に異動したり退官を迎えたときにも最後の訓練飛行のあとに、パイロットに
対して放水します、同僚の隊員からバケツで水をかけられたり、消防車から放水されたりして、温かく送り出されます。


  当日は朝7時前に家を出発しましたが、すでにすごい人が県内外よりいらっしゃってまして、シャトルバスに乗るのにすごい行列ができておりました。
当日の観客動員人数は約50000人だそうで、安来市の倍以上の人数が県内外より詰めかけたことになります
天候が良かったので、たくさんのかたがこられたんですね。
たしかに、飛行機よりも人を見に来たんじゃないかってくらいきておられましたからね。
 雲一つない青空で日差しもきつく、正午過ぎのブルーの展示飛行のときには気温がかなり高くなっていましたが、そんなことがすべて吹き飛ぶような第一区分でのフルアクロを披露してくれたブルーインパルスに感謝
美保基地は雨にたたられることが多い基地なので、今年のような晴天下での展示飛行はなかなか見れないんですよね。
 暑くて大変でしたが、なによりも6歳になる我が息子がとても喜んで見ている姿が見れたのが良かったです。
来年もまたいけたらいいな。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
美保基地航空祭2017その二 ふくたろの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる